03-5727-0878

簡単アクセス
  • 簡単アクセス
  • 簡単アクセス

不妊相談「妊活カウンセリング」

matsumura

「不妊症」とは、2年間避妊をしないで性交渉を行っても妊娠をしない状態をいいます。
実に妊娠を望む10%の夫婦が、不妊症であると言われており、長年治療を続ける夫婦も少なくありません。
非常にナイーブな問題のため、相談しやすい信頼できる医師を見つけることが解決への第一歩、となります。
不妊症は、定義上は2年ですが、1年間で妊娠しなければ念のため受診しておいたほうがよいでしょう。

「自分はまだ大丈夫」と思いつつ、さあ妊娠、と考えた時には卵子は老化していて妊娠率も低下・・・。

出産年齢がどんどん高くなり、30代後半で妊娠を考える人が多くなりましたが、そのころにはすでに卵子の老化も加速しています。
卵子の老化は思った以上に早いのです。
実際、35歳以上で不妊治療に臨む人は、海外に比べ日本では2倍というデータがあり、「妊活の高齢化」が進んでいることがわかります。

不妊症の原因は??

まずは原因を知ることが大事ですが、不妊症は女性だけの問題ではありません。
不妊症の原因の約半分は男性側にある言われています。
不妊症の解消は男性の協力が不可欠。
ぜひ原因の早期発見、不妊症の早期改善のためにご夫婦そろって検査をお受けください。

女性側は排卵、卵管、子宮への着床、子宮頸管への精子進入に問題があると不妊の原因となります。
子宮内膜症による不妊も考えられますので、定期的な検診を心がけてください。

男性側は精子がない、精子が少ないなどの精子の問題、精子が通る精管の障害、勃起しないまたはしづらいED、勃起はするが射精ができない、などが原因として挙げられます。

不妊症の治療法には「タイミング療法」「排卵誘発剤の内服」「人工授精」などの一般不妊治療と、「体外受精」などの高度生殖医療があります。

排卵誘発剤と体調管理

当院ではまず「妊活カウンセリング」をすすめ、不妊を一人で思い悩まず相談することが大切!と考えています。
カウンセリングでは、まず生活習慣の問題点を把握し、「バランスよい食事、タバコは吸わない、適度な運動、しっかり睡眠、セックスを楽しむ」など妊娠しやすい生活習慣を送り、体調を整えるアドバイスをします。
そして不妊治療の第一歩として、基礎体温を測定しながら、超音波検査、尿検査などで排卵の時期を予測して性交渉の時期を指導するタイミング療法、必要に応じて排卵誘発剤の処方を行います。
排卵誘発剤は内服薬によって排卵しやすくする方法で、大変受け入れやすい治療です。
不妊治療=大がかりな検査と高額でつらい治療・・・と誤解されて不妊治療を思いとどまる方も多いですが、妊活カウンセリングのアドバイスに沿った規則正しい生活と排卵誘発剤の内服で妊娠につながる症例が数多くあります。
まずはカウンセリングで、必要な検査・あなたに合った治療を一緒に考えていきましょう。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査 [卵巣年齢の指標]

卵巣には、たくさんの原始卵胞(成長前の未熟な卵胞)があり、そのうち選ばれた1つの卵胞から毎月1回排卵が起こります。
卵胞は、精子のように日々新しく作られるものではなく、胎児の時にすでに作られていて、加齢とともに減っていく一方で増えることはあり
ません。
 

AMHは、成長過程の卵胞から分泌されるホルモンで、成長過程の卵胞が少なくなるにつれて、AMHも低下していきます。そのため、最近では不妊症治療において、卵巣の予備能力(卵巣年齢)を知る指標として注目されています。

ただし、現在残っている卵胞の数を見ているだけで、卵胞の質や卵巣の機能を反映しているわけではありません。
AMHだけではなく、これらを総合的に見ることが必要です。
この検査だけで妊娠できるかどうかの判断はできませんが、自分の卵巣の状態を知る1つの方法であると言えます。
実際の年齢にとらわれず、卵巣年齢を知ることはライフプランを立てるにもよい手助けになると思います。

AMH検査:8,000円(税別)

  • 血液検査となります。
  • 月経周期に関係なく、いつでも検査は可能です。
  • 低用量ピルは卵胞の成長を抑える作用があるため、内服中の方は数値が実際より低くなる可能性があります。