03-5727-0878

簡単アクセス
  • 簡単アクセス
  • 簡単アクセス

天然ホルモン補充療法・唾液ホルモン検査

女性とホルモン

卵巣は多くのホルモンを分泌しています。
主なものは、エストロゲン、プロゲステロン、テストステロンで、エストロゲンとプロゲステロンは月経サイクルの調整に関与しています。ホルモンバランスの乱れは、主に思春期や更年期に顕著ですが、あらゆる年齢で起こる可能性があります。
月経不順、月経前症候群、早発閉経、プレ更年期症状、更年期症状、副腎疲労症候群などはホルモンバランス異常から引き起こされます。
多くの場合、天然ホルモン補充療法がこれらの症状の予防や改善になるのです。

天然ホルモンとは?

天然ホルモンとは、体内で作り出されるホルモンと同じ分子構造を持つものをいいます。
天然ホルモンを補充すると、我々の身体はすぐにそれと認識できるので、ホルモンは各細胞に命令を与える役割の受容体にしっかり結合することができます。
天然ホルモンは、ホルモン低下に由来する症状やあらゆる健康のトラブルに安全に使用することができます。
合成ホルモンは、体内で作りだされるホルモンとは異なった分子構造を持っているため、受容体に結合することが難しく、予測された効果が得られない場合があります。
多くの疾患は、ホルモンの低下やバランス異常から起こるとされています。
ホルモンバランスが崩れれば、それだけ症状もひどくなっていきます。
バランスを失った時に、慢性疾患や様々な不調を誘発します。
ホルモン濃度をうまく調整できれば健康レベルもさらに向上します。
”ホルモンバランス”は健康のキーワードです。
理想的なホルモンバランスは身体を健康にし、また、それを体感することができるのです。
天然ホルモンは、さまざまな面で若さを再認識させてくれます。

プロゲステロンとは?

プロゲステロン(黄体ホルモン)は女性ホルモンのひとつで、月経周期の排卵後に卵巣で分泌されます。
卵巣の他に、少量ですが副腎、神経細胞でも分泌されます。
最近の医学研究では、乳がんを予防する効果が明らかにされています。
そして、プロゲステロンは精神を安定させ、心穏やかに全体的な幸福感を高める、という心地よいホルモンであると研究結果が示しています。
プロゲステロンの大切な役割は、エストロゲン優勢な状態の抑制やバランスをとることです。
エストロゲン優勢の状態が続くと、乳がん発症の危険性が高まり、その他様々な症状が現れます。

エストロゲン優勢

エストロゲンが多く、プロゲステロンが相対的に不足している状態、また、エストロゲンが正常でもプロゲステロンが不足している状態、これらはどちらも“エストロゲン優勢”の状態です。
プロゲステロンとエストロゲンのバランスが崩れると、心身に様々な不調が現れやすくなります。

エストロゲン優勢の影響で起こる症状
  • 脂肪増加(腹部、臀部、大腿部)
  • むくみ
  • 子宮体がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 月経前症候群
  • 不妊症
  • 流産
  • 乳がん
  • 乳房のしこり
  • 乳腺症
  • 不安感
  • うつ
  • 不眠症
  • 性欲減退
  • 疲労
  • イライラ
  • 思考力・記憶力の低下
  • 血栓症
  • 脳卒中
  • 胆嚢の疾患

天然プロゲステロンクリーム補充療法

天然プロゲステロンの補充方法には様々な方法がありますが、最も手軽で簡単、効率的な方法は経皮クリームです。
自然由来のものを原料としており安全で効果的ですが、個人の判断で使用することはホルモンバランスを悪化させることになりかねません。
定期的にホルモンレベルをチェックしながら、医師の指導のもと、正しい使用法を守ることが重要です。

天然プロゲステロンクリーム 1本 30,000円(税別)
天然ホルモンに特化したオーストラリアの製薬会社の製品で、日本でいう厚生労働省と同等のTGA(オーストラリア政府の治療剤管理局)の認可を受けた製品です。

唾液ホルモン検査

唾液検査は、すぐに使える活性化されたホルモンを測定するのにとても有効です。
ホルモン値およびホルモンバランスの測定と診断には血清中のホルモン測定が標準的に行われていますが、血中ステロイドホルモンの90から99%は運搬たんぱく質に強く結合しており、すぐに使用することができません。
ほんのわずかな非結合ホルモンが細胞内に入って効果を発揮するのです。
唾液ホルモン検査この非結合ホルモンが重要です。
非結合ホルモンのみが受動拡散によって唾液に自由に入ることができるのです。
だ液検査は、これらの利用可能なホルモンを測定するのに最適な方法です。
唾液ホルモンレベルはホルモンの過不足による症状ととても深い関係があり、唾液ホルモンと各症状との明らかな相関性が様々な研究から明らかにされています。

唾液ホルモン検査の特徴
  • 生物学的に利用可能なホルモンを検知する
  • 簡便で痛みがなく、身体に負担の少ない採取方法
  • 天然ホルモン補充療法中のモニタリングができ、ホルモン補充量の過不足がわかる

女性用唾液ホルモン検査

早発閉経やプレ更年期症状、更年期症状、月経前症候群、副腎疲労症候群などは、ホルモンバランス異常から起こります。
これらの症状が女性ホルモンバランスの異常に由来していることを知ることが大切です。
子宮筋腫、月経不順、乳がんなどもホルモンバランス異常から引き起こされます。
多くの場合、天然ホルモン補充療法がこれらの予防になります。
この検査では、性ステロイドホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン)を測定し、全般的なホルモンバランスについて調べます。
結果に基づき、ホルモンを正常バランスに戻して不調・疾患の改善や、加齢による健康度低下を防ぎます。

女性用唾液ホルモン検査

女性用唾液ホルモン検査の料金 30,000円(+副腎皮質ストレス検査 40,000円)(いずれも税別)

副腎皮質ストレス検査

副腎皮質ストレス検査では、コルチゾールとDHEAsを測定します。

コルチゾールは、副腎皮質で産生されるホルモンです。
このホルモンは、ストレス(精神的または身体的な過負荷、痛み、病気など)によって上昇し、ストレスに対する身体反応に関与するため、“ストレスホルモン”とも呼ばれています。

このホルモンが欠乏、もしくは過剰な状態の時、様々な症状や疾患を引き起こします。
コルチゾールがストレスによって上昇するのは、身体がストレスに対処するのを助けているからです。
しかし、慢性的なストレスによって長期間コルチゾールが上昇した状態になると、うつ病、不安、気分変動、体脂肪の増加、骨密度や筋肉量の減少、性欲の減退、月経前症候群の悪化、更年期障害の悪化、免疫反応の低下、アルツハイマー型認知症および高血圧などの原因となります。
コルチゾールが枯渇すると、アレルギー、ストレスに対処する能力の低下、低血糖、低血圧、疲労感(1日の中で変動、朝に疲労感があり、夜に活発になる)、めまい、甘いものや塩分の高いものへの欲求といった症状が出る場合があります。
さらに、コルチゾールの値が適正でないと、慢性疲労症候群、関節リウマチなどの自己免疫疾患や副腎の疲弊など、慢性的な症状が現れる場合もあります。
通常、コルチゾールには日内リズムがあり、早朝に最も高く、夜間に最も低くなります。
したがって、1日のうち4つの異なる時点で検査を行うことにより、身体がストレスにどのように反応しているかを知ることができます。

DHEAは、“ホルモンの母(mother hormone)”や“アンチエイジング・ホルモン”として知られています。
このホルモンは、脳および副腎皮質で産生されます。
DHEAは、20~30代で最大量に達し、70歳代までに個々人の以前のピーク値の10~20%にまで減少します。
DHEAには、健康を害する過剰なコルチゾールによる弊害の一部を調整する働きがあります。

女性用唾液ホルモン検査

副腎皮質ストレス検査の料金 25,000円(税別)